2008年05月16日

糖尿病患者の歯周病治療法は?

糖尿病患者の歯周病治療法は?

最近 薬とはいえないですがが、かなり治療に効果があるとされる、

サブリメントと言われる健康補助食品がもてはたされています。

糖尿病と他の病気も因果関係が問題視され始めました。

糖尿病が歯周病を悪化させるとともに、歯周病も糖尿病を悪化させるという、相互に悪影響が指摘されています。

血糖コントロールを良好にするため内科医との連携治療が必要になります。

通常の歯周病治療に加え、さらに抗菌療法が必要だったり、

他の危険因子を通常よりシビアに考えて治療していく必要があります。

 抗菌療法としてドキシサイクリン(テトラサイクリン)が有効なのは以前から報告されています。

このテトラサイクリンには、抗菌作用の他に、

コラゲナーゼ(歯茎や歯の周りの骨にダメージを与える酵素)の抑制作用や、

タンパク質の合成を促進作用があることも知られています。

また海外では、抗菌作用のない低濃度のドキシサイクリンの「商品名:periostat」による治療も行われています。
ウツ病を治すには
posted by あちゃこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。